使用する糸|どうしても気になるなら小陰唇縮小治療で形を整えるべし!

どうしても気になるなら小陰唇縮小治療で形を整えるべし!

使用する糸

婦人

女性のコンプレックス解消に効果がある小陰唇縮小治療は、体にかかる負担と治療後の生活にかかる制約が少ないです。治療日の翌日には、シャワーで体を洗うことが可能ですし、通院しての経過観察もほぼ必要ありません。手術をした後の傷跡も目立ちにくいので、パートナーとの性生活にも影響を与えにくいです。美容外科で、小陰唇縮小治療を受ける場合、クリニックの実績は勿論ですが、治療でかかる費用はいくらほどなのかを把握しておいた方がいいです。小陰唇縮小治療でかかる費用は、治療の方法によっても大きく変わってきます。こちらでは、縮小治療の種類とかかる費用についての説明します。

外科的な治療であるので、余分な箇所を切除してから縫合をするのが基本的な順序です。縫合で使用する糸の種類によっても、治療にかかる費用は変動します。後々に抜糸が必要となるタイプは、片側だけの場合7万円ほどの金額がかかります。両方の治療だと、13万円近くの費用が生じます。片側と両側だけでも金額に大きな差が生じてしまうものです。糸が体の細胞に溶け込むタイプだと、片側で16万5千円ほどの料金、両側の治療では、25万円以上の費用がかかってしまいます。使用する糸の種類によっても、かかってしまう金額が異なるので、自身の経済状況を十分に考慮してから小陰唇縮小治療を受けるのが望ましいです。

高額な費用がかかるイメージを抱いてしまいますが、病院によっては分割での支払いが可能です。高額なタイプの治療でも、分割を利用すれば、費用的にも負担を減らして治療が受けられます。